自毛植毛、術後一週間の経過を写真で振り返る!一週間経てば、いつも通りの毎日です。

自毛植毛の術後一週間の写真

こんにちは!潤一です。

 

今回は、「自毛植毛手術後の、一週間の経過報告」を私の実際の写真を交えてお知らせしていきたいと思います。

 

「自毛植毛を検討したい」と考えているあなたが気になっている、

  • 手術後の状況写真
  • 痛みや違和感はないか?
  • 注意すべきところは?
  • 同僚などにバレないか?

といったところにフォーカスしながらお伝えしていきますので、ぜひ自分の自毛植毛のための参考にしてほしいと思います。

 

手術直後や翌日については、以下の記事にまとめているので是非ご覧ください。

自毛植毛当日の過ごし方と痛みの対処法
自毛植毛の夜〜翌日レポート!手術当日の過ごし方と、痛みの対処法を書きます。痛み止めが効果バツグンでした。

まず、手術当日から術後一週間後までの写真をまとめて

手術当日から術後一週間までの写真を一気に並べていきます。主に移植部の写真です。

自毛植毛手術の当日の写真(2018/3/15)

自毛植毛手術の直後の様子

まだまだ赤い血の色が見えていて、植えた部分は綺麗な斑点として見える状態です。この赤い斑点から、2~3本の丈夫な髪が生えてくるようになります。まだ包帯をまく時期です。

手術当日の様子については、以下のブログに書いています。

アイランドタワークリニック手術当日。M字部分に1000株(グラフト)自毛植毛することに成功!

手術翌日の写真(2018/3/16)

以下が、手術翌日に包帯を取った様子です。

自毛植毛翌日

自毛植毛の翌日写真

包帯の汗でグッショリです。手術の翌日は汗と包帯の圧力で髪の毛が固まっています。翌日はニット帽で過ごせるようなスケジュールを考えましょう。

手術当日から翌日のホテル滞在の過ごし方を書いたのが以下の記事です。

自毛植毛当日の過ごし方と痛みの対処法
自毛植毛の夜〜翌日レポート!手術当日の過ごし方と、痛みの対処法を書きます。痛み止めが効果バツグンでした。

手術2日後の写真(2018/3/17)

手術2日後になれば、前日夜にはシャワーも浴びているし、見た目としては手術前と全く同じになってます。(私はM字部分の移植だけだったので)

自毛植毛手術2日目

写真撮影が下手ですみません、移植部は鮮やかな赤色から多少固まって黒っぽくなっています。ザラザラした感覚。

こう見ると、「結構M字ハゲは進行してたんだな……」と思い知らされます。

自毛植毛手術2日後

自毛植毛手術2日目

黒い小さなかさぶたができています。これはまだまだ不安定なかさぶたなので、特に物理的刺激は厳禁です。

特に大きく気になる所はないのですが、やっぱりまだまだ頭皮が突っ張ったり、移植部の違和感はあります。何か移植部だけ感覚が違うので、「自毛植毛をしたんだな」という実感はあります。

 

ただ、特に気にすることもなく日常生活が送れることは間違いありません。ただ、ウォーキング以上の運動は辞めた方が無難だと思います

 

一定以上に血流が移植部に行くと、かさぶたに悪影響がありそうな気がします。

手術4日後の写真(2018/3/19)

手術4日後の写真です。かさぶたが安定して固まってきました。

自毛植毛手術4日後の写真

生え際も順調に根付いているように見えます。

自毛植毛4日後の写真

自毛植毛手術4日目

2日目や3日目と比べると、移植部の安定が進んできたイメージです。なので移植部の頭皮は動きづらく、頭のマッサージなどをすると少し痛むこともあります。

ただ、物理的な刺激さえなく普通に生活していれば、何も問題ないですね。

注意

だいたい4日目から一週間が経過するまでは、かさぶたが気になってきます。触るとザラザラするし、こすって取りたい気持ちになってしまいます……が、絶対に止めてください!

 

もらった資料にも、しっかりと注意書きがあります。手術日にドクターに解説してもらいました。

自毛植毛で物理的刺激は厳禁

かさぶたは、植毛した毛根が根付くために大切なものです。なので一週間以内はとってはいけません。

 

私はなんと、4日目に無意識に頭を掻いたときにかさぶたをとってしまいました。血がポタポタ落ちてきたので、その部分の移植毛は諦めるしかないかと思っています。非常にショックでした……。

手術一週間後の写真(2018/3/22)

手術一週間後にもなれば、ほぼ全く手術前と同じ日常生活を送ることができます。違和感もほぼ完全になくなります

 

私の場合、一週間経ったころに急にかさぶたがポロポロ取りやすくなってきたんですよね。かさぶたというか、フケのような白い塊もたくさん出てきました。

自毛植毛で見える白いフケ

自毛植毛手術後の白い固まり

白い固まりができているのが見えます。軽く爪や指でポリポリこすると簡単にはがれます。

自毛植毛のかさぶた

ちょうど一週間後のこの日の朝、我慢できずにポリポリと掻いてしまいました。

自毛植毛のかさぶた

中には、毛根ごと抜けたものもあります。

自毛植毛後、毛根ごとぬけた

この白いかさぶた、皮膚組織が固まったものだそうで…、通常は1週間ちょっとで取れるようです。調べた結果、毛が一緒に取れていても問題ないとのこと。

無理矢理はがすなどでなく、少しこすれば取れる程度ならOKだと思います。

私の場合、一週間経った日のシャワーで完全にプツプツとした白いかさぶたを取りました。そこからは移植した短い毛が生えているだけの状態になったので、やはり一週間というのが大きな節目になりそうです。

 

違和感が全くなくなるのも一週間後からでした。

白いかたまりが取れて、ある程度スッキリした移植部が以下です。(これ以降も白いかさぶたは出現しては取れていきます。)

自毛植毛後に白い塊をとったとき

自毛植毛後の白い固まりをとった

まだ多少は白いのが残っていますが、大部分はとれて、ザラザラした感覚はなくなりました。移植した短い毛の感覚だけです。

これからも白い塊はところどころ出てきますよ。

 

このあたりで、手術後の経過は一通り完成ですね。後頭部から移植してきた短い太い毛が根付いてくれていてよかった……。(後で一旦抜けていきますが)

手術後に気をつけるべきこと

痛みについて

手術当日に気になったことが、何と言っても痛み。当日のブログにも書いてますが、初日はズキズキしますね。頭皮に毛根を埋め込むのだから当然です。

ただ、これは痛み止めを一錠飲めば全く問題なしでした。痛みに関しては、ほぼ安心していいと思います。

移植直後のニット帽について

手術当日や翌日の移植部に関しては、写真で分かるようにまだ血が固まりきっておらず、かさぶたができきってていません

自毛植毛翌日

したがって、ニット帽をかぶる際は移植部にガーゼを当ててからかぶる必要があります。直接ニット帽をかぶると移植部に毛糸がひっかかってしまいます

 

ガーゼはクリニックでもらえるし、医療用ガーゼを購入してもOK。移植部にかぶせてテープで固定してからニット帽をかぶりましょう。

MEMO

かさぶたがしっかりついていれば、直接ニット帽をかぶっても問題ありません。

私の場合、ガーゼを当てていたのは手術翌日のみ。2日後にはしっかり固まっていましたよ。(そもそも2日後はニット帽をかぶっていません)

経過にもよりますが、およそ2日後からはガーゼなしでニット帽をかぶってもOKだと思います。

手術直後の額とまぶたの腫れについて

ドクターの事前説明の通り、手術直後は額やまぶたが少し腫れた状態になっています。

自毛植毛後は額が腫れる

触ったら、なんとなく出っ張っている感じがしました。

 

あまり気にしなくていいのですが、もし腫れが強いのならば常に冷やしておくことが必要ですね。しかし、手術当日にしっかり冷やしておけば気にしなくて大丈夫。4日後くらいには全く元通りになってます。

 

やはり一週間経過するまでは、頭部に血流に悪影響を及ぼすような行動はやめるべきです。

  • サウナ
  • 飲酒
  • 運動
  • 頭部のマッサージ

あたりはそもそも控えるよう言われています。私の場合、立った姿勢でイスの下の落とし物を覗き込んだだけで、移植部が引っ張られるような感覚がありました。

一週間経てば問題なしです。

手術後のヘアシートの痒さについて

もう一つ、少し違和感があったな〜というのは、ヘアシートの痒さです。

私はM字部分の自毛植毛だけでしたが、後頭部から健康な毛根を採取するため、後頭部を刈り上げました。

自毛植毛手術 刈り上げて毛根を採取した後

これを隠すためにヘアシートをして、カンペキにバレないで済んでいます。

自毛植毛でヘアシートをした写真

ヘアシートがいかにバレないか?というのは別記事にまとめています。

 

で、このヘアシートはお風呂のときも寝るときも、一切外しません。そもそも丈夫で外れません。

 

ここで問題になるのが寝る時なんですよ。自毛植毛後の過ごし方としては、「できるだけ、寝る時は仰向けで」というのが基本です。うつ伏せだと、額あたりに血が溜まって腫れやすくなるんですね。

 

夜に仰向けに寝るということは、ヘアシートが後頭部に密着する状況になりますよね。これが個人的には痒かったです。

 

この解決策(?)ですが、ヘアシートの下のスキマから指を入れて掻くこと。

ヘアシートが痒いときに掻く場所

この赤い枠の下に指を入れると頭皮に触れることができるので、そこをポリポリと掻いていました。普段生活しているときは全く違和感はないのですが、寝るときだけは痒かったです……。

注意

ヘアシートの業者の方にも注意されることですが、あまりヘアシートと頭皮の間に指をいれるのは緩んでしまうので良くありません。なるべく控えるべきです。

 

痒くて気になる場合は、仰向けでなく横向けで眠れば痒みは収まります。

手術跡のシャワーや入浴について

手術翌日は初めて自分で髪の毛をシャワーで洗うのですが、当然、慎重に洗う必要があります。乱暴に洗ってしまうと、せっかく移植した毛根が抜け落ちてしまいます。

 

こちらは、自毛植毛手術の翌日(包帯を取った日)の、シャワーを浴びる前の写真。

自毛植毛で包帯を取った後

当然、手術当日は包帯をまいているので頭を濡らすことはできません。その結果蒸れてカサカサに固まってしまっていますし、これではニット帽なしに外出できません。

 

しかし正しくシャワーを浴びてドライヤーで乾かせば、このように元通りです。

自毛植毛翌日、シャワーを浴びた写真

自毛植毛の後のシャワー後

自毛植毛後のシャワー後

手術前と同じ状態になりました。

 

ヘアシートの部分も完璧です。

シャワー後の自毛植毛のヘアシート

大切なシャワー方法や注意点は別記事にまとめていますのでご覧ください。

MEMO

注意深くシャワーを浴びれば、手術翌日にクリニックで包帯を取ってもらってすぐ、手術前の状況に戻すことは可能ですね。(私のようにM字のみの手術など)

 

そう考えると、クリニックから家が近い方は、最短では手術翌日の夕方や夜には人前に普通に出られることになりますね。移植部は少し赤くなってますが、ジロジロ見られない限り違和感全くなし。

 

ムリをせずに手術日と翌日の2日間は何も予定を入れない方がいいですが、「どうしても!」という方はそう考えてください。

移植部を触られるとバレる?

自毛植毛手術が終わってから、心配なのは「周囲にバレないか」ということですよね。最も心配されるヘアシートはバレないと安心してほしいのですが、私の場合は移植したM字部分を触られることは避けたいですね。

 

私には同棲している彼女がいましたが、そういった親密な仲の人がいる場合、移植部を触られると明らかにザラザラしているので分かります。

移植部の短い毛

写真で分かるように、移植したての短い毛がザクザク生えていますね。これは1~2ヶ月経てば一旦抜けるのですが、むしろ抜けたときのほうがバレずに済むと思います。

 

もともと広い範囲を移植する方なら、丸刈りになっていると思うので、あまり問題ありません。

しかし私のようにM字部分だけとなると、明らかに一部がザラザラしてると変ですよね…。

 

あまり人に髪を強く触られることは少ないと思いますが、念のため注意しておいてくださいね。

一週間をすぎれば、手術のことは忘れられます

ここまで一週間の経過やきになったことをまとめてきましたが、結論としては、

 

一週間経てば何も気にせずに日常生活が送れる

 

ということですね。

 

さまざまな心配があるとは思いますが、自毛植毛は手術当日と翌日がヤマで、あとは普段と変わらず過ごせます。

特に私と同じM字部分のみの植毛なら、手術後に悩むこともほぼないでしょう。

 

実績のあるクリニックで頼めば、ほぼ全ての不安は払拭されるはずです。私はアイランドタワークリニックで施術を受けたので、この記事を読んでくださる方にはここしかオススメできません。

 

経過などはクリニックにより違いが出るかもしれませんので、実績あるクリニックがやっぱり1番安心だと思っています。皆さんもよく調べて、そしてぜひ一歩踏み出してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です