自毛植毛から1ヶ月の経過報告!一時的脱毛も始まり、手術前と同じ状況に!

こんにちは、自毛植毛アドバイザーの潤一です!

 

2018年の3月15日にアイランドタワークリニックでM字部の自毛植毛手術を受け、はや1ヶ月が経過しました。

手術を決意した頃は、クリニックに行くまでの一日一日が長く感じられましたが、いざ治療を受ければ、一ヶ月の経過はとても早く感じられるものでした。

 

節目の一ヶ月後、今回も写真を掲載し、皆さんに状況をお伝えしたいと思います。

自毛植毛一ヶ月後の移植部の写真公開!

それでは早速、M字部分の術後経過をご覧ください。

自毛植毛1ヶ月後の正面

う〜んこう見るとM字が進行してるな……。

自毛植毛1ヶ月後のM字左

↑これはちょっと近すぎました。まだ白いかさぶたのようなものがあります。

自毛植毛一ヶ月後M字右側

↑右側。

自毛植毛1ヶ月後のM字正面

こう見ると、「自毛植毛から1ヶ月後では、全く見た目は変わらない」という事実がお分かりいただけると思います。

治療前の状況と全く変わりません。

 

以下が治療前です。

自毛植毛のためのマーキング

手術数日後の、以下のような赤いかさぶたは一ヶ月にもなれば全てはがれていますね。

自毛植毛手術4日目

以前の経過報告は、以下を見てぜひ比べてみてください。いかに一ヶ月では変わっていないかがわかりますよ……。

自毛植毛の術後一週間の写真
自毛植毛、術後一週間の経過を写真で振り返る!一週間経てば、いつも通りの毎日です。
【写真】M字部分の自毛植毛から3週間経過!現状報告です。

ショックロスや一時的脱毛について

上で一ヶ月後の写真を見ていただきましたが、個人的な感覚を少し。

 

自毛植毛で最も恐れられている、ショックロスや一時的脱毛。つまり、「自毛植毛をしたのに、むしろ髪が抜けて薄くなったように感じる……」という恐ろしい時期ですね。

自毛植毛については、ショックロスについて以下をご確認した上でご検討ください。

自毛植毛の後のショックロス
自毛植毛の恐怖”ショックロス”って何?一時的に髪が抜ける暗黒期を解説!

一時的脱毛とかショックロス、個人差はあるとはいえ、だいたい手術後2ヶ月後あたりが1番薄くなる時期なのです。

自毛植毛後のショックロスの図

こちらはアイランドタワークリニックの資料ですが、ここでは毛髪量が最も落ち込むのが2~4ヶ月後とされています。

 

やはり多くの方の体験談では、2~3ヶ月後の姿ではなかなか太い髪は生えていません。

アイランドタワークリニックで施術を受けた様々な方のインタビューを見ても、グワっとと生えてくるのは4,5ヶ月後のようです。

自毛植毛を検討する方は、以下のインタビューをよくご覧ください。

アイランドタワークリニックの口コミ&評判
アイランドタワークリニックの症例、口コミ&評判のまとめ!成功者の体験談を聞いて、あなたも人生を変えよう!

私自身も、移植部にチクチク生えていた短い太い毛は半分くらいは抜け落ちて何もない状態になっています。

ぜひ、以下の1週間後の報告と見比べてみてください。

自毛植毛の術後一週間の写真
自毛植毛、術後一週間の経過を写真で振り返る!一週間経てば、いつも通りの毎日です。

あとプラス1~2ヶ月は、少し薄くなった髪で過ごす必要がありそうです。

手術一ヶ月経過!注意点は?

ここで、手術1ヶ月が経過したころの注意事項を書いていきたいと思います。

まだまだボリボリかくのはダメ!

一ヶ月も経過すると、自毛植毛をしたことなんてスッカリと忘れています。それくらい、自毛植毛って自然な治療法なのです。

 

最初の頃は慎重に移植部を扱い、最新の注意を払ってシャンプーしたりするのですが、一ヶ月後は全く関係なく日常を過ごして問題ありません。

 

なので知らず知らずのうちに雑な扱いをしていることに気づきます。手術後に自然に過ごせるのは魅力ですが、ストレスがなさすぎるのも問題ですね。

 

そこでやはり私も、無意識のうちに移植部が気になってボリボリとかいてしまうことがありました。そうすると、移植毛を伴った固まりが抜けたりするんですよね……。

自毛植毛一ヶ月後に抜けた毛根

おそらく健康な毛根は根付いていると思うのですが、少しでも心配になるようなことは避けたいですね。

ヘアシートは変えなくてもいいかもしれない?

私のようにM字部分のみなど、一部を治療する人に欠かせないのがヘアシート。

自毛植毛で刈り上げた写真

自毛植毛でヘアシートをした写真

このヘアシート、本来は約6週間つけるんです。そして、3週間を目安に一度付け替える予定でした。

しかし、自分の想像以上にヘアシートがしっかりしていたんですよね。4週間経ったときもあまり緩んで取れそうな感じは全くありませんでした。

ヘアシートがあれば、本当に自毛植毛ってバレませんよ。

刈り上げる自毛植毛のヘアシートはバレない
刈り上げる自毛植毛のヘアシートは、髪を触れられても(ギリギリ)バレない!

実際、私は3週間経った頃にヘアシート業者さんに電話しました。すると今のヘアシートの状況を聞かれたので「特に緩んでません」と答えると、

 

3週間だと緩まないお客さんの方が多いです。

 

実は人によっては5週間くらい大丈夫で、そしてその頃にはもう付け替える必要ないので、そのまま取って終わる人も多いですよ。

 

と答えてくれました。ヘアシートって一度も付け替えずにOKだったんですね。

 

確かにわざわざヘアシートの付け替えに行くのは面倒ですし、これを聞けて気が楽になりました。

そこから一週間後の自毛植毛5週間が経った日に予約をし、ヘアシートを取ってもらう予定です。もしまだヘアシートが必要なら付け替えてもらい、いらなかったらそれで終了です。

 

強いて言うならヘアシートは唯一の違和感なので、外す日が楽しみです。

MEMO

こう考えると、やっぱり自毛植毛は4~5週間経ってからが「完全な自由」と呼べるかもしれません。

 

もともと丸刈りにしてから手術を受けた人は、最初から何の問題もないですね。

移植部が乾燥する!

写真を見れば分かるのですが、まだまだ白い粉のようなものがついているのがわかります。

自毛植毛1ヶ月後のM字左

これは私だけなのかもしれませんが、頭皮が結構乾燥していて、少しだけ痒みを覚えるんですよね。そうなると、つい掻いてしまって乾燥したフケがポロポロこぼれます。

 

これはあまり移植部にいい影響がないので、

  • かくことはなんとしてでも我慢
  • シャンプーはあまり当てないようにする

ということを今後考えていきます。

頭皮を乾燥から守るためですね。

一ヶ月ではまだまだ毛量に変化なし!我慢の時期です

ということで自毛植毛一ヶ月経過の報告を終わりますが、やっぱり一ヶ月では全く効果が現れていないのがわかると思います。

むしろ何もない状態になってるんですよね。

 

しかし、この時期を乗り越えてこそ自毛植毛。これからは後頭部の太くてしっかりした髪がM字に生えてきます

これを楽しみに過ごしていきたいと思います。また報告します!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です