自毛植毛は、1度の手術では足りないの?2回受ける必要があるのかを考えます。

1cm2あたり50〜80株程度こんにちは!潤一です!

 

自毛植毛を検討している方にハッキリとお伝えしたいことですが、自毛植毛をしてもAGA(男性型脱毛症)が止まるわけではないので、移植部以外の薄毛は進行します

自毛植毛のデメリットを徹底解説!
自毛植毛のデメリットを全て徹底解説!知らずに手術を受けると絶対後悔します。

私もM字部分に念願の自毛植毛をしたわけですが、確かに理論上、M字部分の薄毛は永遠に気にしなくて大丈夫です。しかし、油断をしているわけではありません……。

 

ほとんどの場合は10~20年単位で安心なのですが、念のため「2回目の自毛植毛手術は必要なのか!?」を書いていきたいと思います。

2回目の自毛植毛が必要になる場合!

ここで、大金なのであまり考えたくない2回目の自毛植毛、本当にしなくちゃいけないことがあるのかどうかを検証しましょう。

2回目が必要になるのは、大きく分けて2パターンあります。

  • そもそも密度が足らなかった
  • 他の部分のAGAが進行した

この2つです。

そもそも密度が足らなかった

まず、手術自体は成功したけれども、フサフサ部分に比べてあまりにも密度が低くてスカスカになってしまった場合。

密度が高くないと、見た目って変わらないんですよね……。

 

そして、そもそも自毛植毛での密度って、実が限界があります。植毛でフサフサな髪と同じようになるわけではありません。

i-Direct法の解説

例えばアイランドタワークリニックでは、この図のように丁寧に一株ずつ移植していくのですが、それでも一回の手術では通常の50%の密度が限界です。(それでも業界で1番密度が高い)

 

通常の頭皮って、1cm2あたり50〜80株程度の密度があるのですが、自毛植毛だと1cm2あたり30〜40株が限界だということです。

 

しかし、半分の密度があれば本来は十分。なおかつ、技術力の高いドクターから施術を受ければ、密度が薄くて自毛植毛に失敗したという例はほとんどありえないと思います。

だからこそ、クリニック選びは本当に大切だし、実績基準で選んで欲しいと思っています。

他の部分のAGAが進行した

これが最も大きな理由だと思います。植毛した部分以外も薄くなってきちゃった!という場合ですね。

自毛植毛3週間後

この黒い斑点が見えるM字全体が私の植毛範囲ですが、これ以外の部分が進めば流石にどうしようもない。

もちろん、M字以外の部分はAGAの影響は受けにくいので大きな心配はいりませんが、それでも進行を止めることを考えるのは大切ですね。

 

この点に関しては、アイランドタワークリニックのドクターは念入りに手術前に解説してくれました!

M字部分がハゲる理由をドクターから解説を受けた
M字部分がハゲる理由は食生活!自毛植毛の直前に、ドクターから衝撃の解説を受けた。

この記事、「2回目の手術はしたくないな〜」と考えている方は必ず読んでくださいね。食生活を変えることで、M字や頭頂部のAGA進行は止まるのです!

 

私を担当してくださったドクターも、15年前の自毛植毛から「2度としなくていいように」と食生活を意識しておられたようで、今もフサフサでした…。

2回目の自毛植毛をする、意外な2つのケース!

それでもやっぱり、2回目3回目と自毛植毛を受ける人ってやっぱりたくさんいるようです。

2回目の自毛植毛をする方で、意外な理由を持っているのは例えば以下の2つ。

  • FUT法で自毛植毛した人
  • デザインに不満がある人

以上の2パターンですね。

ケース1:FUT法(ストリップ法)で自毛植毛をした人

ストリップ法とは別名FUT法といい、後頭部をメスで切って毛根を採取する手法です。

FUT法は、後頭部の皮膚をメスで切り取ることによって毛髪を採取する手法のことを言います。

このように移植片を採取した後、傷口を縫合し、その後切り取った皮膚を毛包単位に分けていきます。この作業を株分けと言います。

その後、移植先に小さな切り込みを入れ、株分けした移植片を植え込んでいきます。

アイランドタワークリニック

私はこのFUT法は怖くて、傷口や縫い目が残るのは絶対に嫌だったので最初から対象外でした。

 

アイランドタワークリニックでは、FUT法で作った傷跡への移植なども可能なようで、「以前にFUTで自毛植毛を受けた。でも傷口に悩んでいる」という方も、アイランドタワークリニックで二度の自毛植毛を受けるようです。

メスを使う方法はこういった悩みが絶対にでるので、私はメスを使わずに済む自毛植毛クリニックをオススメします。

 

以下は、アイランドタワークリニックの手術方法です。最もオススメできる自毛植毛法なので、ぜひご確認ください。

アイランドタワークリニックのi-Direct法
アイランドタワークリニックの『i-Direct法』はどんな自毛植毛なのか。オススメする理由を述べます。

ケース2:植毛のデザインに納得がいかない人

こちらは、自毛植毛して生え際が不自然になってしまった!など、デザインに納得がいかない方。

 

自毛植毛はただ植えるだけじゃなく、自然な仕上がりを目指して手術しないといけません。例えば生え際がやけに直線になったりすると、とても不自然ですよね。

だからこそ、カウンセリングなどを通して患者とドクターの詳しい話し合いが必要になります。

 

しかし、このあたりが適当になってしまうクリニックもあるようで、アイランドタワークリニックにもデザイン面の不満から2回目の自毛植毛手術に来る患者さんが多いようですね。

やはり、このデザイン面もしっかり話をしてくれる体制のあるクリニックでお願いしなければ後で後悔すると考えています。私の手術当日の体験記も読んでください。

 

ドクターがデザイン面も”デザインプランニング“として丁寧に説明してくれましたよ。

 

アイランドタワークリニック手術当日。M字部分に1000株(グラフト)自毛植毛することに成功!

2回目の自毛植毛をしないために!

2回目の手術が必要になるパターンなどを書いてきましたが、私としては、「絶対に2回目の自毛植毛はしないぞ!!」という心意気を持ってほしいと思います。

大金ですし、何よりも2回目を検討するということは、また薄毛で悩んでいる証拠

 

その点も含めて、密度や定着率の高い手法で行っているアイランドタワークリニックを選びました。

自毛植毛にアイランドタワークリニックを選んだ理由。カウンセリング前に知ってほしい8つの長所!

自毛植毛って、考えうる最大の、根本的な薄毛解決方法なんですよね。だから本来は、一回やったら永遠に悩みから解決されるはずなんです。

 

もちろん、他の部分のAGAなどを止めることは難しいですが、それくらいの気持ちを持って生活習慣を意識しないと、20~30年先にまた悩んでいるかもしれません。

 

私はもちろん、例えば20年先に薄毛に悩んだら、2回目の自毛植毛は検討すると思います。それくらい、お金さえあれば気軽に受けられる手術です。

 

しかし、悩みに悩んでやっと受けた手術だからこそ、この手術を一生ものにしたいな……なんて考えています。

皆さんも、もし手術を受けたとしても、生活習慣などを改善して永遠に薄毛の悩みから解決されるように努力してくださいよ!!

実際に、1度だけの手術で数十年悩みから解放されている人もいます。そうなりたいですね。

 

私からの願いでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です