自毛植毛後のシャンプー・洗髪方法を丁寧に解説!おすすめドライヤー方法も紹介します。

自毛植毛手術翌日から一週間後のシャンプー洗髪方法

こんにちは!潤一です!

 

2018年3月15日、アイランドタワークリニックでいざ自毛植毛を決心した私ですが……、手術後のシャンプー方法に非常に迷って神経を使ってしまいました。

「定着しなかったらどうしよう」

「移植した毛根が抜けてしまったら…!」

「洗髪が下手で他人にバレることは?」

などなどの疑問、必ず持ってしまいますよね。

 

しかし!私が手術を受けたアイランドタワークリニックなら安心です。

手術日からドクターが手術後のシャンプー方法まで詳しく解説してくれますし、詳しい洗髪方法の資料も渡してくれます。

 

今回は潤一が責任を持って、

  • 自毛植毛後の正しい洗髪方法
  • 移植部を傷めないドライヤー方法

をあなたに詳しく伝えたいと思います。

ちなみに、自毛植毛手術当日の過ごし方&体験談は以下で確認できます。手術後が心配な方はぜひ確認してくださいね。

自毛植毛当日の過ごし方と痛みの対処法
自毛植毛の夜〜翌日レポート!手術当日の過ごし方と、痛みの対処法を書きます。痛み止めが効果バツグンでした。

定着率を高めるために、慎重な洗髪を!

そもそも、どうして洗髪方法が大切なのでしょうか?

それはズバリ、「移植毛の定着率を高めるため」ですね。

 

移植部は、後頭部あたりから採取した毛根を植え込んでいるため、短い毛がチクチク生えている状態です。

移植部の短い毛

これは私の術後一週間ほどの写真ですが、短い毛がびっしりはえてますよね。これが後頭部から採取した毛根からの毛です。

 

これは一週間後でやっと根付き始めたもので、術後一週間が経過するまでは、定着が不安定な状態です。

その不安定な状態で間違ったシャンプー方法をすると……、せっかく移植した毛根が抜け落ちてしまい、手術の意味がなくなってしまうことに!大変ですよね。

 

もともとアイランドタワークリニックのi-Direct法は定着率95%以上と非常に高いのですが、その技術の高さをシャンプー方法で台無しにしないよう、正しい洗い方が必要になってきます。

自毛植毛の手術後、正しい洗髪方法は?

それでは早速、アイランドタワークリニックが実際に指導している、正しいシャンプー&洗髪方法を解説していきましょう。

 

シャンプー&洗髪方法は、

  • 手術翌日〜一週間まで
  • 手術一週間後以降

でガラリと変わります。「一週間」という期間を意識しましょう。

手術翌日〜一週間後までの洗髪方法

まず、私がもらったアイランドタワークリニックの資料を見てみましょう。

自毛植毛後のシャンプー方法

手術翌日から6日目までの洗髪方法です。

 

ここでの注意点は、

  • 移植部にお湯を直接かけないこと!
  • リンスやコンディショナーはできるだけ使わない!

ということだと思います。

 

上図にあるように、移植部に強い水圧をぶつけることは絶対にダメです!特に手術から2~3日は、かさぶたが固まりきっておらず、移植部の定着が不安定です。

 

なので、移植部にシャワーをかけないこと!移植部以外のところから髪を濡らし、そのお湯が移植部に流れていく……ということを意識してください。

MEMO

資料に書いてあるように、うつ伏せになってシャワーを浴び、額にたまったお湯で移植部をジャブジャブパシャパシャ濡らす……という方法が1番移植部に優しいです。

手術翌日からシャンプーも使えますよ。ただし、

  • 移植部に直接シャンプーはかけない
  • リンスやトリートメントは移植部に触れさせない

という2点を守ってください。

特に、リンスやトリートメントは刺激が強いので移植部には触れないようにすることですね。場合によっては毛根の定着に悪影響です。

(特に術後4日ほどは使わないほうが無難かも?)

 

他の部分で洗ったシャンプーが、移植部にも偶然かかってきた…くらいならOKです。

もちろん、サクセスなんかのトニックを移植部にかけるなんてあり得ません

私の場合はすごく慎重になっていたので、特に手術後3日間くらいは、シャンプーも後頭部のみで、移植部には絶対にかからないように工夫しました。

 

今思えば、それくらい慎重でよかったと思います。

自毛植毛一週間後までのシャンプー方法

「移植部じゃない部分は、気にせずゴシゴシ洗っていいのでは?」

と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それはNGです。

 

移植部でなくとも、頭皮が移植部とつながっています。つまり、移植部以外の頭皮を強く動かすと、移植部の頭皮にも大きな影響がでてしまいます。

 

特に、手術後1週間以内は、頭を引っ張ったり、下を覗き込むような格好をするだけで移植部に血流を感じるほどです。なので、移植部以外もいつもより慎重に洗いましょう!

 

もちろん、タオルドライでも移植部は慎重に。決してこすらないことです。

MEMO

資料の上部に書いてあるように、時間があるならば3時間おきくらいにでも、「移植部をお湯で濡らす→自然乾燥」というサイクルを繰り返すのは非常に有意義です。

 

というのも、移植部のかさぶたは、「濡れる→乾く」を繰り返すことで早く安定し、とれる時期も早まるようなんですよね。

 

時間がある方は意識して欲しいポイントです。

手術一週間以降の洗髪方法

自毛植毛手術後一週間の洗髪方法

一週間経過するまでは、上記のような慎重なシャンプー・洗髪方法を心がけてくださいね。

一週間経過すれば、かなり普段通りのシャンプー・洗髪ができますよ。

自毛植毛手術一週間後以降の洗髪方法

もうほとんど同じですね。「移植部を傷つけないように慎重に」という洗髪・シャンプー方法から、「移植部を清潔に保つためにしっかりと」という方法に変わります。

つまり、いつも通りですね。ただ、移植部をゴシゴシこするのでなく、指の腹でゆっくり洗うことは意識しましょう。

 

結局は、「移植部にかさぶたが残らないように」を意識するわけです。

自毛植毛手術一週間後のクシの使い方

タオルとドライヤーもいつも通りでOK。一週間以降はとにかく、頭皮の清潔を保つように意識する時期です。

 

一週間以降は、「かさぶたや白いカタマリが残っていない状況」が理想になってきます。毛根が定着しているので、手術後のかさぶたを完全に取ってもいいんですよ。

自毛植毛手術4日目

一週間後もこんなかさぶたや白い塊があったら、それは洗い方が不十分だということです。

自毛植毛一週間後はかさぶたを取る

「あれ?一週間経ったのにまだまだかさぶたが残っているな…」という方は、シャンプーでよく泡立てて、移植部のかさぶたを指の腹で優しくはがしていきましょう。

 

これで、比較的スッキリとした見た目になります。移植部の外見に違和感は全くなくなるはずです。

ヘアシートの部分の洗い方は!?

自毛植毛では、健康な毛根を採取するために後頭部を広く刈り上げます。

自毛植毛で刈り上げた写真

ここを隠すためにヘアシートを装着しています。

自毛植毛でヘアシートをした写真

このヘアシート部分の洗髪ですが、この部分は手術翌日から普通に洗ってOKです。

ヘアシートも自分の髪と同じように扱って問題ありません。

 

しかし、ヘアシートは人毛と人工毛を混ぜて作られています。従って、あまりシャンプーでゴシゴシしすぎると縮れてしまうこともあるのです。

 

業者の方は、

頭頂部をシャンプーして、それがヘアシートにも流れていくくらいで十分ですよ。ゴシゴシしても意味がないですし、ヘアシートが傷むほうが心配です。

と伝えてくれていました。できれば縮れないように、ヘアシートはクシもあまり通さない方が無難です。

注意

ヘアシートは移植部ではないので、手術翌日からあまり気にせず洗髪してOKです。ただし、ゴシゴシ強くやりすぎると、ヘアシートが緩んでしまうので注意

 

「ヘアシートが取れてしまった」というトラブルはあまり考えられませんが、メンテナンスに複数回通うのは時間のムダですし、あくまでも優しくお願いします。

移植部を傷めないドライヤー方法で!

自毛植毛ドライヤー方法

ここで……、私が実際に自毛植毛をした一週間までに実施していたドライヤー方法の概要をお伝えします。

移植部を大切に扱うためにも、シャワーだけでなくドライヤーも大切なんですよね。

通常よりも時間をかけて乾かそう!

何と言っても大切なのは、「時間をかけて乾かす」というところです。

私の場合は、決して温風が移植部に当たらないように注意しました。

 

アイランドタワークリニックの注意事項にも記入があります。

自毛植毛手術後のドライヤーについて

あくまでも自然乾燥を意識しないといけません。

 

しかし…、かといってそんなにうまくいかないので、私は温風ではなく冷風で時間をかけて乾かすことにしていました。その乾かし方なら髪にボリュームも出ますし、手術が分かることもありません。

濡れた髪の毛

この状態から、後頭部から慎重に冷風でゆっくりじっくり髪を乾かしていきます。

私の場合はM字部分の手術だったため、決して前頭部からドライヤーはしませんでした。

 

ゆっくり乾かした結果、以下のようになりました。

自毛植毛の後のシャワー後

これは手術翌日、初めてシャワー&ドライヤーをした時の写真です。トリートメントもしてないので多少パサツキがあります。

 

しかし手術後一週間ほどはこの程度のドライヤーで済ませるのが1番いいと思います。移植部に負担をかけずに済みました。

シャワー後の自毛植毛のヘアシート

ヘアシートも完璧です。

ドライヤー選びも大切!

ここで私が非常に大切だと感じたのがドライヤー選びです。上記のように時間をかけて大切に乾かすには、温と冷しかないような安いドライヤーだと難しいと思います。

 

私の使っていたのはパナソニックのナノイーのドライヤーです。

ドライヤー

このドライヤーは型にもよりますが1万円くらいでしょうか。優れた点としては「スカルプモード」という、熱くも冷たくもないちょうどよい風が出るモードがあること。

 

このお陰でドライヤー時間を短縮できましたし、何と言っても移植部など頭皮の負担が激減したように感じます。

 

「今から自毛植毛やるぞ!」という方は、あらかじめこういったドライヤーを購入しておくことをお勧めします。

手術後、洗髪方法が分からなければクリニックに問い合わせを!

ここまで解説してきましたが、細かい疑問や心配な点は手術後も気軽にクリニックに電話することも可能です。

 

アイランドタワークリニックはアフターサービスも力が入っていますし、場合によっては来院して洗髪してもらうことも可能なようです。

 

対応はバッチリのクリニックですし、手術を受けた際は思う存分サポートを活用しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です