自毛植毛後のカットは、1000円カットで十分!オススメの理容師さんへの伝え方も。

こんにちは!自毛植毛アドバイザーの潤一です。

私は2018年3月15日に念願の自毛植毛手術を行いました。

 

M字部分の自毛植毛手術が終わった後に真っ先に気になったのは、

「髪の毛のカットをどうしよう……」

という問題です。

  • 美容師に自毛植毛がバレたら恥ずかしい
  • 植毛後のカットは不自然にならないか

などなど、しなくてもよい心配をたくさんしていたものでした。

 

しかし、1000円カットを利用するという解決法で、スムーズに髪型を整えることができました。

今回は私の経験をもとに、自毛植毛手術後のヘアカット方法をお伝えします!

手術2週間後、髪の長さが気になってきました

私はM字部分の自毛植毛をしたのですが、その手術直前は以下のような髪の長さでした。

自毛植毛手術前日の髪の長さ

M字部分のハゲなので、どうしても髪の長さは長めに保つ必要があります。髪の毛も前に運んできて、薄い部分を画す必要があります。

 

油断するとこうなるからですね。

M字部分が目立ったところ

頑張ってごまかしてもスグにこんな髪になってしまうので、私も自信を持つことができず、外出も控えるような毎日になってしまっていました。

 

なので、長い髪の毛の状態で自毛植毛手術を受けているんです。だから、手術後すぐに長過ぎて切りたくなってしまいました。

行きつけの美容師でなく、1000円カットを利用しよう!

1000円カット

私は植毛後のカットは、いきつけの美容師さんでなく、1000円カットを選択しました。中学生の頃からお世話になっている仲の良い美容師さんなのですが、その方にバレるのが恥ずかしかったからです。

普段から、

潤一くん……、言いにくいんだけど、ちょっと生え際上がってきてないかな??

なんて言われていたので、自毛植毛したことをバレたくない。

 

そうなると、気軽で10分で終わる1000円カットを選ぶしかありませんでした。

なので手術2週間後、初めての1000円カットへ。

自毛植毛の後は1000円カットで!

カットに行ったのが2018年4月1日。手術は2018年3月15日に受けたので、ちょうど2週間後ですね。

入り口でチケットを購入し、並んで順番を待ちます。

理容師さんには、ヘアシートの説明をする必要アリ!

シャワー後の自毛植毛のヘアシート

いくつかブログでお知らせしている通り、自毛植毛にはヘアシートが伴います

これは後頭部を刈り上げた際につけたヘアシート。つけなかったらこんな状態です。

自毛植毛で刈り上げた写真

つまり、後頭部はヘアシートを装着し、シートの人工髪も含まれているわけです。シートの毛を切らせるわけにはいきませんので、理容師さんにはヘアシートをつけていることを必ず伝えましょう

引っ張られたりするとシートがゆるくなってしまう危険性もありますよね。

MEMO

ヘアシートはほぼ確実に周囲にバレることはありません。約1ヶ月で外せますし、あまり気にしないでもOKです。

ヘアシートをつけるのは手術翌日。その時の記事は以下です。

自毛植毛当日の過ごし方と痛みの対処法
自毛植毛の夜〜翌日レポート!手術当日の過ごし方と、痛みの対処法を書きます。痛み止めが効果バツグンでした。

潤一は理容師に、ヘアシートについてどう伝えたのか?

私も当然、後頭部のヘアシートについて理容師の方に伝えました。

 

ドキドキしつつも、

「後ろの髪の襟足部分を2~3cm短くカットしてください。しかし襟足より上の後頭部は、ヘアシートをつけている状態なので、そこは切らないで。自毛の部分だけお願いします

とヘアシート部分を引っ張るなどしつつ、希望の場所も伝えてみました。

 

しかしやはり自毛植毛のヘアシートなど聞いたこともなく、少し戸惑った様子。すると理容師の方は、

あ〜〜、はい……。エクステですか?

と一言!ああ、エクステって言えばよかったのか……。

 

「そうです!」と答えればスムーズに話が進みました。襟足の自毛の部分のみをカットしてくれ、ヘアシート部分に触れることなく、全体の長さも均等に整えてくれて大満足でした。

初めて1000円カットを利用しましたが、思った以上に快適でした。

 

技術的にも問題ないし、接客もとても気持ちよかったです。10分間ですし凝った髪型はできませんが、「自毛植毛後のカット」としては最適な選択肢だと思います。

  • ドライな関係なので恥ずかしさがない
  • 自毛植毛が分かるほど詳しくカットされない

というのも、私にとってはグッドポイントでした。

 

ぜひ、自毛植毛後しばらくは1000円カットを利用してみてください。

最後は、

エクステの部分と自毛が馴染むように整えておきましたよ

と思い通りのカットをしてくれました。

以下が整えてくれた襟足です。

自毛植毛後の散髪

仕上がりには満足です。改めて見ると、後頭部のヘアシートって本当に分からないものですね……。

行きつけの美容師さんにカミングアウトするのが楽

ここまで1000円カットについて書いていきましたが、やっぱり行きつけの美容師さんに自毛植毛を相談し、カミングアウトするのが1番だと思います(笑)。

 

趣旨を理解して慎重にカットしてくれるでしょうし、なによりもいつものスタイルを崩さないで済みます。

1000円カットも不満はありませんが、やはり毛先が少し真っ直ぐになってしまったり、細部はいつもと違う完成度になっています。

 

私の場合は「恥ずかしい」が優先していたので、美容師さんに伝えることはないと思います。恥ずかしくない人はカミングアウト、恥ずかしい人は1000円カットの利用で問題ないでしょう。

4ヶ月経てば、行きつけの美容師さんに切ってもらおう!

では私のように恥ずかしさから美容師さんにカミングアウトしない場合、いつから同じ美容師さんにお願いすることができるのでしょうか?

つまり、「何ヶ月経ったらバレないで済むか」ということです。

 

私の個人的な意見では、ズバリ4ヶ月。4ヶ月間は、「ごめんなさい、出張が続いて違う美容師さんにお願いしてました」と言いながらやり過ごすしかないでしょう。

 

刈り上げた後頭部だけなら、ほんの2ヶ月ほどでバレないレベルまで回復しますが、移植部は短い毛が生えていたり、明らかに周りの長さと不自然な状態になっています。

 

4ヶ月あれば、どの症例を見ても全く違和感のない仕上がりになっているので安心です。

 

私のように恥ずかしい気持ちを持っている方は、4ヶ月経過するまでは1000円カットで毛先を整える程度にしておきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です